収入がある主婦のキャッシング

パートやアルバイトで働いて収入を得ている主婦ならキャッシングできます。また、自分の年収に見合った範囲内で利用限度額がもらえます。そのことから収入ある主婦キャッシングは、他の一般利用者のキャッシングと同じと言って差し支えありません。そこで今回は、収入がある主婦のキャッシングについて考えてみます。

 

収入ある主婦ならキャッシングは選り取りみどり

 

収入の無い専業主婦とは異なり、収入ある主婦なら銀行でも消費者金融でも、どの金融会社のキャッシングにも申し込めてお金を借りられます。特に収入のある主婦にとっておすすめは、消費者金融キャッシングと言ってよいでしょう。なぜなら、消費者金融なら、パートやアルバイトの方でも安定収入さえあればキャッシング審査に通るのは十分可能だからです。また、安定収入を確保している主婦であれば、“主婦という立場”が審査においてマイナスに影響してしまうことはないでしょう。加えて、消費者金融のキャッシング審査は、キャッシング審査の中でも一番柔軟かつ簡単で借りやすいと言えることから、収入ある主婦ならまず消費者金融キャッシングを利用対象として考えてみるとよいのではないでしょうか。そして、実際に多くのパート主婦の方が消費者金融でキャッシングしていますよ!そのような事実から言っても、パートなど収入ある主婦なら消費者金融がおすすめと言ってよいのです。

 

キャッシングする上で収入ある主婦が注意しておきたい点

 

一方で、収入ある主婦がキャッシングするさいに注意しておきたい点もあります。まず一つ目は、パート主婦は収入も少なく雇用においてもやや不安定な点が審査の可否に影響してしまうケースがあるということなのです。たとえば、フルタイムで週4〜5日程度パートで働いている主婦なら、さほど問題は無いと言えます。が、“午前中のみで週2〜3日のパート”といった主婦の場合には、収入の少なさと労働日数・時間数の少なさなどが審査に響いて審査に落とされてしまうことがあります。二つ目は、パート主婦だと銀行キャッシングの審査は厳しい場合があることです。銀行の審査では、特に申込者の信用度を重視するので、パート主婦の場合には、正社員と比べるとどうしても信用力の点では劣ってしまうので、審査がより厳しくなってしまう傾向が否めないからです。それゆえ、銀行キャッシングは、収入ある主婦にとってやや借り難い点が否めません。最後の点としては、収入ある主婦の場合は、他の利用者と比べて融資の上限額が低めに抑えられてしまうことなんです。たとえば、同じ年収であっても正社員とパート主婦では、パート主婦の方が限度額が低めとなってしまうケースは多いのです。一般的にパート主婦の融資上限額は50万円くらいとなっているところが多いようですね。

乳酸菌サプリランキングはこちら