主婦キャッシングよくある失敗

主婦キャッシングに限ったことではありませんが、「お金を借りる」という行為には、ある意味で失敗が伴い易い一面があります。そして、主婦キャッシングをされているすべての方が失敗しないでお金を借りられれば一番よいことなのですが、それって詰まる所、キャッシングする主婦の心がけしだいとも言えるのです。そこで今回は、“主婦キャッシングのよくある失敗”について考えてみたいと思います。

 

主婦キャッシングゆえの良くある失敗ってなに

 

主婦キャッシングで特に見受けられる失敗について、強いて言えば、「収入ある主婦と無収入の専業主婦では自ずとキャッシングの仕方が異なる」といったことになるのではないでしょうか。それは無収入の専業主婦は、収入ある主婦と同じような立場や条件でキャッシングできない!ということなのです。にもかかわらず、専業主婦の方が収入ある主婦が利用可となる金融会社に申し込んでも専業主婦だと利用を断られてしまうといった失敗ですね。具体的に言うと、収入ある主婦なら、総量規制の対象となる消費者金融でもキャッシングできますし、総量規制の対象外の銀行でも、どちらでもキャッシングができます。しかし、無収入の専業主婦だと無収入の人には融資できない消費者金融は利用不可となるのです。それゆえ、専業主婦の場合は消費者金融は借入先とはなりません。

 

他の利用者の失敗は主婦キャッシングにも当てはまりますよ

 

さて、主婦キャッシングのよくある失敗について、さらに指摘すれば、それは「借り過ぎてしまう!…」ということです。主婦の場合には、他の利用者に比べると返済能力の低さは否めません。そして、返済能力が低いということは、少しでも余計にお金を借り過ぎてしまうと、すぐに返済できなくなって返済不履行に陥ってしまう確率が高いということなのです。そのことから、主婦キャッシングでよく見受けられる失敗は、自分の返済能力の限界を超えた借り入れをして返済に困ってしまうことなんです。そして、この失敗は、なにも主婦に限ったことではなく、広くキャッシング利用者にも当てはまる戒めでもあるのです。もうひとつは、上記の点とやや関係することなのですが、「いくら借りられるのか?」ではなく「いつまで完済できるのか?」を重視しない借り方が主婦キャッシングの失敗として挙げられるのです。主婦がキャッシングしなければならない場合って、生活費不足の補填のためが多いと考えられます。そして、生活費不足は待った無しの緊急事態なので、“とにかくお金を借りなければいけない!…”といった危機意識が強くて、返済のことはあとで考えるといった状態なのが実情ではないでしょうか?しかし、完済をしっかり考えずに、目前の生活費不足だけに目を奪われてしまうキャッシングは、返済できなくなる可能性が高くなってしまいます。また、上記でも指摘したように、主婦は返済能力が高くないので、常に完済のことを考えたキャッシングをしないと、すぐに返済できなくなる危うさがある傾向が強いと言ってよいのです。それゆえ、主婦キャッシングでは、「必要だけどしっかり抑制を効かせる!」といった借り方が失敗を未然に防ぐ方法となるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリランキングはこちら