主婦キャッシングのよくあるQ&A

主婦の場合は、他の利用者よりも“キャッシングのし難さ”というものを自然に感じてしまうのではないでしょうか?それは“主婦”という社会的立場がキャッシングするときに不利になったり差別されてしまうのではないか?との考えがあるからだと思われます。そこで今回のレビューでは、「主婦キャッシングのよくあるQ&A」と題して、いくつかの質問に対して答えてみたいと思います。

 

主婦ってキャッシングできるの

 

キャッシングを利用された経験の無い主婦の人で、一番多い質問としては、「主婦でもキャッシングできるのか?」ではないでしょうか
質問にお答えすれば、“主婦でもキャッシングできます!”となります。パートなどで働いて収入のある主婦なら、どの金融会社にも申し込めて審査に通るのも可能です。また、収入に見合ったお金を借りられます。たとえば、消費者金融では年収の3分の1までなら借りられるので、パートの年収が仮に300万円だったら、原則として100万円までの借り入れは可能となります。また、パート主婦なら配偶者の同意は不要なので、家族に内緒でキャッシングするのも十分に可能なのです。

 

専業主婦でもお金を借りられますか

 

次の質問としては、「専業主婦ってお金を借りられるの?」だと思います。専業主婦は、無職無収入なので、常識から言えば、収入ゼロの人にお金を貸してくれるところはありません。でも、無収入の専業主婦でもキャッシングできるのです。それは配偶者、つまり夫の収入を担保にできれば無収入の専業主婦だってお金を借りられるのです。専業主婦がキャッシングする方法としては、「配偶者貸付」という制度があります。配偶者貸付は、夫の年収を担保にして専業主婦がお金を借りられるシステムなのです。また、銀行カードローンなら、配偶者貸付を利用せずに、夫の収入を担保にして融資を受けられますよ。ただし、専業主婦が借りられる金額は、多くても30万円〜50万円くらいとなります。

 

収入の少ない主婦だから返済できなくなったらどうなるの

 

収入が少ない主婦だからといって、返済を減額してくれたり、返済を待ってくれることは絶対に有りませんよ!主婦でも他の利用者と同様に、毎月決まった期日までにきちんきちんと返済する義務を負うことになります。そして、もし返済に遅れてしまうと、遅延損害金を支払うことになります。遅延損害金の利率は、年20%となり、日割り計算となります。1日でも返済が遅れると遅延損害金が発生します。そして、遅れた返済分が返済されるまで遅延損害金はかかってしまうので注意してください。もし、返済に遅れそうになったら、必ず金融会社に遅れてしまう旨と「○日までに必ず返済します。」ことを連絡してください。連絡無しの返済遅延は、金融会社に対して非常に悪い印象を与えてしまうことになり、下手をするとキャッシングを停止させられたり、その後にどの会社でもキャッシングできなくなってしまうことがありますよ。

 

乳酸菌サプリランキングはこちら