時間には余裕のある専業主婦の銀行カードローン

急いでお金を借りる必要のない時間的余裕ある専業主婦がカードローンを利用するさいは、とにかくじっくりカードローンの内容を吟味することをおすすめします。と言うのは、専業主婦の場合には、特に急にお金が必要なケースだと、もともと借入先が限られてしまう専業主婦なので、借入先が見つかった時点ですぐに飛びついてしまう傾向があるからです。そして、後になって「もっと条件のよいカードローンがあったのに…」と後悔した経験をお持ちの専業主婦の方もいるのではないでしょうか?!…そこで今回のレビューでは、“時間的余裕のある専業主婦の銀行カードローン”について考えてみます。

 

銀行カードローンにしぼってしっかり選定しよう

 

急いでお金を借りる必要のない専業主婦なら、あえて配偶者貸付を利用するかたちで即日融資に対応した中小消費者金融を選択肢にいれる必要はありません。なぜなら、専業主婦が配偶者貸付を利用して中小消費者金融を利用するメリットは、急いでお金を借りる必要がある場合だけだからです。そして、中小消費者金融は金利が高くなるので、急いで借りる必要がないのに利用するのはデメリットになるからなんです。そして、時間的余裕があるのなら、銀行カードローンにしぼってじっくり吟味することをおすすめします。一方、銀行カードローンと言っても、大手都銀カードローン、地銀カードローン、ネット銀行カードローンと種類があるので、まずはどの種類の銀行カードローンにしぼるかを考えてください。大手都銀カードローンは、金利が低くて融資額も大きく、かつ借りる安心感や信頼感ではピカイチと言えます。また、配偶者の方が大手銀行を給与振込などで利用しているのなら、まずはその大手都銀にカードローン利用について相談してもよいと思われます。専業主婦は、配偶者の年収を担保にして銀行からお金を借りるので、配偶者が日ごろから利用している銀行なら、カードローン利用がよりスムースに運ぶケースも十分に想定できると思いますよ。一方、「急いではいないが借りやすいところをじっくり探したい!…」との希望なら、ネット銀行カードローンがおすすめなので、いくつかの候補をピックアップして考えてみるとよいでしょうね。

 

時間あるなら特に「金利」をじっくり考えよう

 

金利水準のチェックは、カードローン利用において絶対に欠かせない点と言えます。そして、時間的余裕ある専業主婦なら、ぜひとも金利についてもしっかり考えていただきたいのです。だって家計をやり繰りする主婦としては、ちょっとでも低金利のカードローンを選びたいと思われるからです。金利水準については、各々の銀行カードローンのHPを見れば、すぐにわかりますよ。また、最低金利と最高金利が明記されていますが、専業主婦の借り入れの場合は、高額融資は難しいの、借りたお金には最高金利が適用されると考えて、各社の最高金利だけをピックアップして、その中で一番低金利なところをじっくり選べばよいのではないでしょうか。たとえば、【みずほ銀行カードローン】では最高金利が年14.0%となりますが、【イオン銀行カードローン】だと年13.8%となるので、このどちらかで選ぶなら、イオン銀行の方が0.2%金利がお得になりますよ。このように銀行カードローンの中でも、とにかく最高金利が低めのところをできる限り拾い上げて、その中で一番金利の低いカードローンに申し込むことも、時間的余裕ある専業主婦の“賢いカードローン利用法”になると言ってよいのです。

乳酸菌サプリランキングはこちら